全ての道は、猪木に通ず。

なんでもない日常

『道』


『道』という詩がある。

アントニオ猪木さんの座右の銘だ。

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となる。
迷わず行けよ。行けばわかるさ。

故・清沢哲夫さん(宗教家・哲学者)



故・清沢哲夫さん(宗教家・哲学者)の詩で、
一説には、『一休さん』のモデルとなった一休宗純さんの言葉だとも云われているが。


アタシにとっては、もう、猪木さんの名言でしかない。
あの声、あの顔、あの闘魂で吐かれる言葉だからこそ、伝わるコトもあるからだ。



「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

「道はどんなに険しくても、笑いながら歩こうぜ」



実際の作者さんには、大変申し訳ないのだが。
アタシの中では……
全ての道は、猪木に通ず。


猪木さんの言葉に、背中を押され、勇気を貰った人、結構いるんじゃないかな?

心から、お悔やみ申し上げたい。


生(なま)猪木。

以前、原宿のブラジル料理店を訪れた時のことである。
たまたま猪木さんも来店していて、例の「あれ」を体験したことがある。


「元気ですかー!」

「元気があれば、何でもできる。では、皆さんご一緒に……」

「1、2、3、ダーッ!」


猪木さんの目の前で、一緒に拳を突き上げる女(アタシ)。

シュール?
いやいや、サイコーに元気を貰ったぞ!


満席のお客さん達も、みな、笑顔である。
猪木さんは、一瞬で、皆をHAPPYにしちまったようだ。


その後、偶然、店を出るタイミングが一緒で、
大通りに向かうアタシのすぐ後ろを、猪木軍団がぞろぞろと歩く形となり、

それはまるで、
アタシが「猪木を引き連れて」夜の原宿を歩いているようにも見えて、
なんとも幸福な時間を、味わせてもらったのだよ。



それにしても。
意外と云っては、失礼だが。
生(なま)猪木さんは、本当に「美しい人」だった。

「カッコいい」というより「綺麗」。
「剛腕」というよりは「柔和」。

そんな素敵な人だったな。


【広告:ヘルシースープで、豊かな食卓へ。⇓ 】

今宵のまこメシ。


ブラジル料理のシェラスコ(肉)も大好きなのだが。
最近、ちょっこり野菜不足。
補っていきましょう。


【足りないモノは補いましょうのまこメシ。】
・ベーコンと青梗菜の炒め物
・山芋の出汁わさび和え
・焼き鳥の大葉のせ
・トマト
・冷奴
・日本酒


今宵は、十三夜。
少しだけ欠けた月を愛でながら、酒を嗜(たしな)む予定だったが。

そういや、うちは西向きで。
昇る月は、全く見えないのだよ。(涙)


しょうがないので、気合で月を愛でましょう。

「1、2、3、ダーッ!」

いや、見えないよ……。

コメント