メキシコ紀行

メキシコ紀行④

メキシコ・シティ マンダと合流。(マンダについては、メキシコ紀行①プロローグを参照)ガイドブックに載ってないディープなメキシコに出発! まずは「コンビ」と呼ばれる地元庶民ご用達の小型バスに乗車。汚れた車体に凶暴な運転だが、車内に流れる爆音&...
メキシコ紀行

メキシコ紀行③

国立人類学博物館 首都メキシコ・シティは、ちょっこり東京に似ている。中南米経済の中心で、人口2000万人を抱える大都市だ。(東京は人口約1400万人(2021.6.1現在)) 綺麗に整備された大通りには、近代的なビルが立ち並び、繁華街には人...
メキシコ紀行

メキシコ紀行②

Hora! (オラ!) 何とか五体満足でメキシコに上陸。寝不足気味は否めない。 残念ながら、日本におけるメキシコのイメージは、著しく悪い。強盗、麻薬、殺人、レイプ。凶悪犯罪のオンパレードだ。それに引き換え、ポピュラーなのは「テキーラ」と「タ...
メキシコ紀行

メキシコ紀行①

最初に。 旅の喜び、発見を忘れぬよう、ここに記す。古い思い出ではあるが、このサイトは「アタシの備忘録」ゆえ、ご容赦願いたい。 プロローグ 神秘的な古代遺跡から近代的なカリビアンリゾートまで、長い歴史の中で育まれた魅力がたっぷり詰まった太陽の...
映画

あえて避けてきた「シリーズ映画」に手を出してみた。

『ロッキー』シリーズ まずは、『ロッキー』シリーズから。 シルヴェスタ・スタローン主演のボクシング映画の金字塔作品。スポコンやムキムキがどうも苦手で、今まで敬遠してきてしまったのである。『ロッキー』(1976)『ロッキー2』(1979)『ロ...
なんでもない日常

未知(ワクチン副反応)との遭遇

未知(ワクチン副反応)との遭遇 コロナワクチン(ファイザー)2回目接種終了。副反応の経験を下記に記す。 【1回目】15:00 ワクチン接種接種から3時間後に腕の痛みを感じる。微熱36.7度(平熱は36.3度)。徐々に腕の痛みが増し、夜は寝返...
スピリチュアル

第8柱 私のおじさん神様『さよなら、おじさん神様。』

夏の終わり。 夏が終わろうとしていた。 その時、アタシは、20代の終わりを迎えていた。次々と結婚や出産を迎える友人たちの中で、一人、呑気に生きていた。強がりに聞こえるかもしれないが、焦りはない。が、少しづつ「自分の未来」が気になり始めるお年...
スピリチュアル

第7柱 私のおじさん神様『守護霊』

守護霊とは? アナタは、「守護霊」の存在を信じているだろうか? 信じるか信じないかは、勿論、アナタの自由だ。興味のない方は、いつもの通り、スルーして欲しい。 でも。いたら、いいな。いたら、お話したいな。と思っている方は、アタシの話を聞いてく...
スピリチュアル

第6柱 私のおじさん神様『残留思念』

残留思念。 「残留思念(ざんりゅうしねん)」とは、物や場所に残る強い思いのことだ。この場所、イヤな感じがするなと思ったら、沢山の供花が手向けられていることがある。悲しい事故や事件でもあったのか。並々ならぬ強い感情は、物や場所(土地)に留まり...
スピリチュアル

第5柱 私のおじさん神様 『竜の顔』

竜の顔。 あれは20代前半。とある休日の昼下がり。父と母とアタシの3人で、レストランで食事をしていた時の話だ。光の差し込む大きな窓から外を眺めていると。20m先の歩道橋の上に、男が佇んでいるのが見えた。30歳くらいか。日曜の昼間だというのに...