第77柱 『そして、皆、いなくなった』

スピリチュアル

そして、皆、いなくなった。


アク部長が就任してからというもの。
スタッフの入れ変わりが、激しくなった。
(アク部長については、第69柱 『悪魔が上司になるなんて』参照)


この短期間だけでも。
出向者は、精神科へ通い始めた者・1名、理由をつけて本社に戻った者・数名。
派遣社員の方は、すぐに辞めてしまい、もう7人目だ。


そして、大好きだったプロパーの同僚もまた、会社を辞めてしまった。

あしながさんも。
(あしながさんについては、第50柱『あしながおじさんの女房』参照)

松ちゃんも。
(松ちゃんについては、第60柱『夢を追う人』参照)

そして、あの花子先輩までが、「さすがに、心が折れるわ」と言い残し、会社を去ってしまった。
(花子先輩については、第43柱『一匹狼』第44柱『ALIVE or DEAD』参照)



辛うじて残ったのは、アタシと経理の慶子さんだけ。
(慶子さんについては、第74柱『弱い犬ほどよく吠える』参照)


みんな、みんな。
大好きだった人達は、いなくなってしまった。


アクの刃(やいば)。

会社の要(かなめ)とも云える花子先輩がいなくなると、
アク部長は、待ってましたと云わんばかりに、全てを力づくで掌握していった。


人事に至っては、一人で面接、一人で決定し、
その結果、職場には、YESマンか無能な人しか残っていない。
有能な人は、この不気味な職場の匂いを察知し、すぐに辞めてしまうからだ。


気の弱い経理担当者は、アク部長が私用で訪れた飲み屋の支払いまで、滞りなく清算してあげているようだ。


ある日、YESマンの一人が、アク部長にこう問いかけた。

「毎晩、飲み歩いて、大丈夫ですか? 『出来た』奥さんで羨ましいです」


すると、アク部長が、真顔で、こう言い放つ。

「イヤ、アイツ(奥様)も息子2人も、俺の事、大嫌いなんだよ。だから、俺が帰ってこなくて丁度いいんだ」


そして、その後、耳を疑うような言葉を吐き出したのだ。

「特に、下の息子とは合わない。二人目はいらなかった。産まれてこなけりゃ、もっと良いクルマが買えたんだ」


アク部長。
今、アナタ、人として許し難い言葉を、さらりと口にしましたよね?


他人の家のことにまで、口出しする気はないのだが。
ホント、奥様と息子さんが、不憫(ふびん)でならない。(涙)


そして、その薄汚いアクの刃(やいば)は、
とうとう、アタシにも振り下ろされる事となる。

つづく


【辛いなら、一人で悩まなくていいんだよ。⇓】

コメント