第65柱 私のあねご神様『選択』

スピリチュアル

分かれ道。


ある時、会社の同僚が、真剣な顔をして問うてきた。

「私、人を好きになってもいいのかな?」


彼女は、経理担当のしっかり者。
女優の綾瀬はるかさんに似ている超絶美人である。
(なので、このブログでは、彼女の事をハルカさんと呼ばせていただく)


ハルカさんは、その美貌と優しい性格から、社内外を問わず、多くの男性ファンがいる。
そりゃあ、ハルカさん、人を好きになってもいいに決まってるよ、と云ってあげたいところだが……。


ハルカさんは30代の人妻だ。
確か、結婚7年目?
子供はまだ授かっておらず、旦那さんと二人、仲良く暮らしていると聞いていたが。


でもね。
本当は、アタシ、気づいてたよ。
ハルカさんが、同僚の年下独身男性から、猛アピールを受けていること。


普段なら、数多(あまた)のアプローチなんて、上手にかわしているハルカさんだけど。

彼とは、急速に距離が縮まって、
意図せず色っぽさが匂いたち、
なぜか哀しそうな表情が増えたよね。


これは、アタシに止めて欲しいのか。
それとも、背中を押して欲しいのか。

うーん、この二者択一は、難しすぎる。

ハルカさんは、人一倍、マジメな性格だ。
彼女の未来を大きく変える選択になりかねない。


なんと返事をするべきか、迷っていると、
それを察したハルカさんが、自ら、答えを出してくれた。


「ダメ……だよね?」

微笑んではいるけれど。
今すぐにでも、泣き出しそうだ。


ハルカさんは、縋(すが)るようにアタシの瞳をじっと見つめてくる。


ヤバい。
ハルカさんの心の声が聴こえてしまう。


ねぇ、私、どうしたらいいの。
教えて、ねぇ、教えて。

人生は選択の連続。


人生は、選択の連続だ。
日常の何気ない選択で、今の自分が創られている。


だからこそ、大切な選択は、誰かに委ねてはならない。
自分で自分の人生を選びとるしかないのだ。


意を決し、ハルカさんに向かい、静かに語りかけた。
今にも壊れそうな少女を、丁寧に、優しく、包み込むように。


「正直、アタシにも正解は分からないけど……。でも、人を好きになる気持ちは、誰にも止められない。良いも悪いもないよ」


一語一句逃すまいと。
ハルカさんが、固唾(かたず)をのんで聞いているのが、痛い程、伝わってくる。


「でも、その後、どうするのか、どうしたいのかは、二人で決めればいい。いや、ハルカさんが幸せになる方法を、ハルカさんが決めていいと思う!」

最後の方は、もう叫んでいた。
ハルカさんには、本当に、幸せになって欲しいのだ。


「ありがとう」

ハルカさんが優しく笑った。


潤んだ瞳。
透けるような白い肌。

恋心に揺らぐ彼女は、
本当に、
女神のように美しい。



【広告:スマホ専用・占いが行動するきっかけをくれる時もある。⇓】

女神。

あれから。

ハルカさんは、会社を辞めた。


恋を貫き、年下独身男性のもとへ走ったが。

あんなに熱烈にハルカさんを追いかけていた男性の方が、
受け止めきれないと、突き放したようだ。


前以上に哀しい顔をすることが増えたハルカさんは、
男性と距離を置くようになり、
何年も務めた会社も、逃げるように辞めてしまった。



ハルカさん。その選択で良かったのかな?

アタシ。ハルカさんの背中、押しちゃったのかな?




あねご神様が、静かに告げる。

「大切なのは、どちらの選択が正しいかではなく、選んだ自分を信じることだ」





数年後。
ハルカさんに、一度だけ、偶然出会ったことがある。


彼女は新しい仕事を始めていて。
今でも、変わらず、旦那さんと暮らしていた。


きっと、あの後も、沢山の「選択」を重ねてきたのだろう。
一度は手を伸ばしかけた、秘密の恋を胸の奥にしまいながら。


それでも。
ハルカさんは、やはり、圧倒的に美しかった。

愚かさの微塵もない、その横顔を見ていると、

例え、叶わなかった恋だとしても。
こてんぱんに捨てられたとしても。

この女神はきっと。

自分の選んだ道を、誇りに思っているに違いない。

つづく

コメント