第52柱 私のおじさん神様『おばあちゃんと神様の健康法』

スピリチュアル

おばあちゃんの健康法。


昔、昔。
アタシがまだ幼少の頃のことだ。


近所に住む父方の祖母が、よく云っていた。

「靴下を履いて寝るな。死ぬぞ!」






『死ぬ』というのは、ちょっこり、言い過ぎかもしれないが。

とても暑い地域で生まれ育ったアタシは。
靴下を履いて寝ると危険なのは、あながち嘘ではないように思う。


そうそう。
夏の夜、靴下を履いて寝ていたら。
ホントに身体に熱が籠り、意識が朦朧(もうろう)としたことがあったな。


それに。
おばあちゃんが云うなら、間違いない。
だって、おばあちゃんは、天才だから!



お米のとぎ汁で、床を拭いて、ピッカピカにしたり。

雷が鳴るのを、予言したり。

ねぎを首に巻いて、風邪を治しちゃったり。(アリシンという成分が効くらしい)



だから。
おばあちゃんの云う通り。


寒い寒い冬の日でさえ。
靴下を履いて寝たことは、一度もない。



神様の健康法。


中学生の頃の話だ。


今年も、健康でいられますように。

初詣でお願いしているアタシに向かい、おじさん神様がニヤニヤとこう告げた。


「だよな。人間にとっては、健康が一番だものな」



そりゃぁ、そうだ。
その頃、中学生のアタシにとっても、
恋も勉強も部活も大事だが、
全て、健康であればのことである。




そう云えば。
ニヤニヤ返しで、質問してやった。

おじさん神様は、病気になったりしないの?
ぎっくり腰とか??



「ない」

きっぱり答えるおじさん神様。

嘘か誠か。
「神世界に病気という概念はない」とのことだ。





ふーん。
でもさ。


ぎっくり腰は、あるんじゃなーい?

ないっ!


気は首の後ろから入り、足の裏側から出る。


「では、ひとつオマエに教えてやろう」

いつもの上から目線で切り出すおじさん神様

「気(エネルギー)は首の後ろから入り、身体を巡り、足の裏から出る」




な、なんぞや??



「足の裏を塞(ふさ)ぐな。悪い気が滞(とどこお)るぞ」




へ???
なんか、昔、おばあちゃんも似たようなこと、云っていたような……。




「なるべく裸足で生活しろ。靴下を履く時は、通気性のよいモノにするのじゃ」




ふむむ。



「よいな。足裏が臭い時は、身体の中に異変が起きている証拠じゃ」






それからは。
おばあちゃんの教えに、おじさん神様の健康法が加わり。


なるべく、裸足で生活したり(家の中だが)。
青竹踏みをしてみたり。
足裏シートで「不要な成分」を排出したり。


とにかく、足裏を大切にした。
悪い気を滞らせぬよう、二人の「教え」を忠実に実行してみたのだ。


結局。
今のところ、
病気知らずのアタシである。


つづく

コメント