まこ

スピリチュアル

第86柱 『神は罰を与えない?』

神は罰を与えない? 非難覚悟で云うが。 ニュースで悲しい事件を見かけるたびに、思ってしまう。どうしても「誰か」が亡くならなければならない運命ならば、代わりに「悪人」が死ねばいい、と。 だけど、実際は、「悪人」ばかりが得をする世の中で。「善人...
なんでもない日常

100回切り返しても駐車できない女。

100回切り返しても駐車できない女。 小さい可愛い軽自動車。ヨチヨチと、スーパーの駐車場にご入場。 あまり混んではいないけど、入口からは一番遠い、ガラ空きの駐車スペースに狙いを定める。 何度、切り返しても、線の上。何度、切り返しても、角度が...
ああ、腹立たしい。

わざわざ「今日は、約束があるから帰りまーす」と言い残す女。

今日は、約束があるから帰りまーす? 金曜午後6時。誰も尋ねてもいないのに。 「今日は、約束があるから帰りまーす」と言い残し、「定時」に帰る女がいる。あれは、いったい、何アピールなのだろうか?リア充アピールだろうか?それとも、残された同僚たち...
なんでもない日常

貰うだけの女。

貰うだけの女。 アタシの職場に「貰うだけの女」がいる。 「これ、ちょーだい」と甘えた声を出し、貰って当然の顔をして、何でも横取りしちまうんだ。 いいよ。そんな「物」は、くれてやる。 だけど、許し難いのは、アタシの時間、仕事の成果、情報、言葉...
スピリチュアル

第85柱 『もう戻れない世界』

もう戻れない世界。 最近も、不思議な夢を見続けている。 ある夜。夢の中に、亡人が次々と現れ、話しかけてきた。 アタシの亡き母。若くして逝ってしまった大好きな友人。急逝したお世話になった○○会長。 そして、この夢に出てくる場所や物は、懐かしい...
なんでもない日常

違っていたのかな?

違っていたのかな? もしも。 あの時、別の選択をしていたら。あんなことを云わなければ。死ぬほど努力をしていたならば。 人生、少しは違っていたのかな? 幸せだったかな?愛されていたのかな?何者かになれていたのかな? だけど。どんなに想像してみ...
なんでもない日常

泣き虫。

泣き虫。 泣き虫なんかじゃない。 ただ、自分の奥底にある気持ちを伝えようとすると、ぽろぽろぽろぽろ、涙が零れてきちゃうんだ。 感動した時も。腹が立った時も。愛しい時も。 大切な事であればあるほど、喉の奥も、胸の奥も、ギュッと詰まるような感じ...
スピリチュアル

第84柱 『初夢に死神来たる』

初夢に『死神』来たる。 「死ぬときの神様は、人それぞれ、決まっているんだ」 見知らぬ「友」が、ニコリともせず、アタシにそう告げた。 これは、夢の中だよね?遠くのアタシがアタシを見ている。 ところで「友」よ。キミはいったい誰なんだ? 知らない...
なんでもない日常

自分を信じればいい。

自分を信じればいい。 思い出したんじゃない。気づいたんじゃない。ずっと、アタシの中心にあったんだ。 だけど、見ないふり。答えが出ちゃうのが、怖いから。 失敗するかもしれない。傷つくかもしれない。永遠に、失うかもしれない。 だから、言い訳しな...
なんでもない日常

涙も出やしない。

涙も出やしない。 今年1年を振り返る。 アタシ。結構、頑張ったよね?なのに、不思議だな。必死で生きた筈なのに。 歓喜の涙も、悔しさの涙も、一滴も出やしない。 まだ、足りないの?始まってもいないの? やり尽くしてからでなければ、諦めることも出...